創立者の里見雄二は、常に「人間は信用が大切だ。そのためには常に真面目であることだ」と言い続け、「誠」の文字が好きでした。そして、人間の本性を強調し「人の社会に於ける活躍は、その人の本来的な『志向性』に基づく」ことを重要視していました。「苦しいから、楽になるようにという動物的本能は、『努力』によってこそ成就するのだ」と信念し、雄二自身の幼い頃からの労苦、 困難な学生時代を思い返し、その報いとして成功した体験から、青年の持つ「志向性の助長」すなわち「教育」が大事と考えました。
これを具体化したのが「里見奨学会」の設立です。昭和31年4月、雄二は、父の源三郎の十回忌を記念して、持ち株6万株を投じて、「財団法人里見奨学会」を設立し、理事長として「学びたい青年に、その望みを実現させるべく、支援するため」の奨学制度を創立しました。この里見奨学会の奨学金受給者は、設立以来数千名に及び、 この受給者の会は、源三郎の法名にちなんで「尋源会」と称されています。

創立者 里見 雄二氏の略歴

(明治23年10月2日~昭和57年9月24日)

  • 明治42年
    (1909年)
    旧制竹田中学(現竹田高等学校)卒業
    旧制第五高等学校(現熊本大学)入学
  • 大正6年
    (1917年)
    東京帝国大学工学部造兵科卒業
    早稲田大学理工学部機械科助教授となる
  • 昭和3年
    (1928年)
    日本パーカライジング株式会社創立に参画
  • 昭和16年
    (1941年)
    同社代表取締役社長に就任
  • 昭和31年
    (1956年)
    財団法人里見奨学会理事長に就任
  • 昭和38年
    (1963年)
    同社代表取締役会長に就任
  • 昭和50年
    (1975年)
    財団法人老人はげみの里見会理事長に就任

叙勲・褒章等 受章
・黄綬褒章 (昭和34年)
・紺綬褒章 (昭和39年)
・勲三等瑞宝章 (昭和55年)

歴代理事長

  • 創立者 里見 雄二

    昭和31年~昭和57年

  • 2代目 里見 豊

    昭和57年~平成11年

  • 3代目 里見 菊雄

    平成11年~平成29年