財団は、基本財産並びに特定資産の有価証券からの受取配当金を原資に、教育の振興と人材の育成を基本理念として、主として大学生、大学院生、並びに高校生に対する学業支援として、給付型の奨学制度を行っています。
素材の表面改質に関わる優れた学術研究等の表彰を行っており、その外、大分県竹田市内の学校に対する図書購入助成金の給付等を事業の柱として運営しています。

奨学金の給付

奨学金
・大学生、大学院生 月額 50,000円
・博士課程 月額 150,000円
・高校生 月額 25,000円
奨学金の給付は、指定校制度を採用しています。

対 象
・指定大学の学部生、大学院生
東京大学(精密工学科)、 明治大学(応用化学科)、
早稲田大学(応用化学)、 東京理科大学(機械工学科)
・大分県奨学会の推薦による技術系の大学生及び竹田高校の卒業生
・竹田市内の高校生

学術研究表彰

大学またはその他の学術研究機関で、主として素材表面の研究で顕著な功績を上げた研究者に対する表彰を行っております。
今年も、日本鉄鋼協会、表面技術協会を通じて2名の研究者の表彰を行っております。
また機械及び化学分野の若手研究者の萌芽的研究を支援するため、独創的な研究アイデアを提案した研究者の表彰を行っております。

その他事業

竹田市内の小学校、中学校、高等学校に対して図書購入助成金の贈呈と特に成績優秀な中学校、高等学校卒業生に里見賞を授与しています。